コロナウイルスによる緊急事態宣言再発令!結婚式の延期について思う

本日、1月に沖縄で結婚式を予定されていらっしゃったお客様が、今回の緊急事態宣言を受けて3月に挙式を延期されるとのご連絡をいただきました。

結婚式2週間前に挙式を延期せざるを得ない花嫁様の気持ちとは、どんなものなのでしょうか。

たくさんの準備を重ねて、やっと迎える晴れの日。

その2週間前にその日取りが変わると言うのは、虚無感や絶望感が全く無いという方はいらっしゃらないと思います。

でも、もし開催して結婚式当日に何かあったらと思うと、そういう不安を拭えない気持ちで結婚式を迎えるというのもまた違った怖さがございますね。



私はこのような時期に、結婚式を開催するもしないも正解はないと思います。



もし勇気を持ってウエディングを迎えてくださるなら、そのお姿をたくさん写真や動画に撮って私たちにSNSなどを使って見せていただきたい。
きっと多くの方の励みになります。
決して後ろめたさなどは、持たないでくださいね。

また、勇気を持って「延期」を選択されたのなら、

より暖かな季節の沖縄のウェディングを楽しみにとゆっくり準備ができると前向きに捉えていただきたいと心から思います。

来てくださるゲスト様と、そして何よりも新郎新婦自身の気持ちが一番穏やかに迎えられる環境を作ることがベストです。

こちらのサイトをご覧になる方は、新郎新婦様だけではなく、参列する予定の方々もいらっしゃると思います。

もし緊急事態宣言などが発令されて、結婚式の開催に不安をお持ちになる事があれば、まずは新郎新婦に状況を確認してみましょう。

また、リゾートクローゼットでは、このようにコロナウイルスなどの影響で結婚式が延期または中止になった場合、キャンセル料金は一切いただきません。

開催出来る、出来ないのご不安の中ではあるかと思いますが、どうぞ安心してご準備を進めてくださいね。


投稿順 新着順