季節別にみる沖縄挙式における参列者衣装の注意点|失敗しないために

沖縄での結婚式に招待されたものの、いったい何を着ればよいのかお悩みではありませんか。

沖縄は南国リゾート。

いくら結婚式とはいえ、着物で参列は暑そうですよね。

冬はどれくらいの気温なの?

沖縄と一口に言っても、季節によって気温差があります。

こちらの記事では、沖縄の結婚式に参列する場合に何を着ればいいのか、またどんな点に注意をすればいいのかを紹介します。

 

【目次】

 H2 季節別沖縄挙式参列者の服装と注意点

H3  沖縄のリゾートウエディングなら1年を通してかりゆしやアロハがおすすめ

H3    沖縄の結婚式|春の服装と注意点

H3  沖縄の結婚式|梅雨の服装と注意点

H3    沖縄の結婚式|夏の服装と注意点

H3    沖縄の結婚式|秋の服装と注意点.

H3    沖縄の結婚式|冬の服装と注意点

H2    沖縄リゾートウエディング|参列者衣装の注意点

H2    沖縄挙式参列ならかりゆしコーデ|衣装のレンタルはリゾートクローゼットへ

 

 

H2       季節別|沖縄挙式参列者の服装と注意点

 

沖縄での結婚式における参列者の服装と注意点を、季節ごとに分けて紹介していきます。

沖縄県那覇市の最低気温と最高気温を見てみましょう。

一年を通して気温は高いのですが、年間の平均気温は23℃前後です。

真夏でも35℃を超えるようなことはありません。

また冬でも、10℃を切ることはないのです。

そして沖縄で一番注意が必要なのは、日差しです。

ほぼ一年を通して日焼け対策は必須と言えるでしょう。

【沖縄県那覇市の気温 平成13年度~21年度の平均値】

 

 

最低気温

最高気温

平均気温

3月~4

11.8

28.2

19℃~21.5

梅雨

5月~6

18.5

32.6

24.4℃~27

7月~8

24.4

34.1

29.3

9月~11

16.2

33

28℃~22.5

12月~2

10.5

26.1

17.3℃~19.3

参考サイト:沖縄情報IMA

グラフで見てみると以下のようになっています。

引用元:気象庁ホームページ 沖縄気象台

 

H3  沖縄のリゾートウエディングなら1年を通してかりゆしやアロハがおすすめ

沖縄のリゾート婚へおよばれしたなら、ぜひリゾートらしさを演出できるかりゆしワンピースやアロハで参列しましょう。

どの季節でも、きっと沖縄のリゾート婚を盛り上げられるはずです。

ただし事前に新郎新婦へドレスコードを確認することは忘れないように。

関連記事:アロハシャツとかりゆしの違い|フォーマルな結婚式にはどっちがいい

 

H3     沖縄の結婚式|春の服装と注意点

沖縄の春はもうすでにかなり暖かいです。

沖縄ウエディングのベストシーズンとも言えるでしょう。

一日の中でも蒸し暑くなったり、肌寒くなったりと気温の変動が大きいです。

3月~4月は風の強い日も多いので、屋外でのリゾートウエディングの場合には少し肌寒く感じることもあります。

肩の出たベアトップのサマードレスなどはリゾート感満載でおすすめですが、寒い時のために風よけにもなる羽織ものを1枚用意しておくと安心でしょう。

さらに羽織ものは屋外でのウエディングの場合、日焼け対策にもなります。

また風の強い屋外の場合、裾の広がった短い丈のスカートだとスカートが風にあおられて気になってしょうがないこともあります。

屋外挙式の場合にはそんなところにも注意が必要です。

 

3  沖縄の結婚式|梅雨の服装と注意点

沖縄の梅雨は、雨が多く蒸し暑い日が続きます。

リゾート感があふれるかりゆしワンピースなど、涼しげな服装がおすすめです。

しかしながら外は暑くても、室内は冷房で寒いことも。

やはり羽織ものは必需品です。

 

H3     沖縄の結婚式|夏の服装と注意点

まさに沖縄の夏は真夏です。

 

ノースリーブのワンピースドレスやベアトップドレスなどが映えるでしょう。

しかし屋外のリゾートウエディングの場合には、強烈な紫外線への対策が必要です。

短時間であればしのげるかもしれませんが、意外と長時間にわたるウエディングですので紫外線対策の羽織ものは準備しておきましょう。

薄手のストールをふんわり肩へかけるだけでも、エレガントに紫外線をカバーしてくれます。

またシルクなど素材にこだわったフォーマルなストールは、ウエディングシーンにもピッタリ。

さらに屋内ウエディングの冷房対策にも役立ちます。

待ち時間のために日傘を用意しておくと安心ですね。

 

H3     沖縄の結婚式|秋の服装と注意点

沖縄の秋はだいぶ過ごしやすくなります。

しかし日中はまだ真夏並みの暑さになる場合も。

参列者の服装としては、夏と同じかりゆしワンピースやサンドレスがおすすめですが、夜のウエディングの場合には肌寒い事もあるかもしれません。

やはり羽織ものかストールを用意しておきましょう。

 

H3     沖縄の結婚式|冬の服装と注意点

沖縄の冬はそれほど寒くありません。

とはいえ、やはり冬ですので他の季節に比べれば寒いです。

通常の結婚式と同じようなフォーマルスタイルでの参列も多く見られます。

新郎新婦に確認をして、冬の場合でもリゾート婚スタイルで式を挙げるのであれば、かりゆしウエアだと気分も盛り上がるでしょう。

冬の場合には、袖付きのかりゆしワンピースや長袖のかりゆしワンピースをチョイスするとフォーマル感もアップします。

他の季節と違い、ノースリーブやベアトップのドレスの場合には、薄い羽織ものではなくフォーマルなジャケットを用意しておくと安心でしょう。

 

H2       沖縄リゾートウエディング|参列者衣装の注意点

季節ごとの沖縄でのリゾートウエディングにおける注意点をご紹介しました。

一年を通して言えることは、沖縄のリゾートウエディングに参列する際には、羽織ものは必須のアイテムであることです。

  • 外では紫外線対策
  • 屋内では冷房対策など

1枚用意しましょう。

気をつけなければいけないのは、あくまでもウエディングです。

かりゆしワンピースなどやや力の抜けたフォーマルでよいとは言っても、その上に羽織るものがスエットのパーカーではいただけません。

羽織ものによってフォーマルな装いを演出できますから、羽織もの選びは気をつかいましょう。

また屋外ウエディングの場合、思いのほか風の強いことがあります。

あまりにもひらひらした薄手のレース素材のドレスなどを選択してしまうと、風にあおられて終始困ってしまう事にもなりかねません。

風対策にも注意が必要です。      

季節ごとの沖縄でのリゾートウエディングにおける注意点をご紹介しました。

一年を通して言えることは、沖縄のリゾートウエディングに参列する際には、羽織ものは必須のアイテムであることです。

  • 外では紫外線対策
  • 屋内では冷房対策など

1枚用意しましょう。

気をつけなければいけないのは、あくまでもウエディングです。

かりゆしワンピースなどやや力の抜けたフォーマルでよいとは言っても、その上に羽織るものがスエットのパーカーではいただけません。

羽織ものによってフォーマルな装いを演出できますから、羽織もの選びは気をつかいましょう。

また屋外ウエディングの場合、思いのほか風の強いことがあります。

あまりにもひらひらした薄手のレース素材のドレスなどを選択してしまうと、風にあおられて終始困ってしまう事にもなりかねません。

風対策にも注意が必要です。      

 

H2       沖縄挙式参列ならかりゆしコーデ|衣装のレンタルはリゾートクローゼットへ

沖縄の結婚式に招待されて、参列用の衣装でお困りならぜひリゾートクローゼットへご相談ください。

女性用はもちろん、男性用、お子様用と多数取り揃えています。

羽織ものもありますのでぜひチェックしてみてください:ホワイトシフォンボレロ

お問い合わせはこちらから:リゾートクローゼットお問い合わせ


投稿順 新着順